今回はコラムだ。

 

国公立志願者の何が辛いかって、センター試験で複数教科学習することだ。

それに加えて、前期試験では論述・記述中心の難易度の高い問題が出題される。

前回も話したが、国公立は受かってMARCHは落ちてしまうような学生も多々いるのだ。

→ 現役で国公立とMARCHに合格するには作戦が必要

 


そこで、意外にも知らない学生が多かったみたいなので、

3教科で受験できる国公立大学も選択肢に入れられるように紹介したい。

 

実は多い、3教科受験可の国公立大学

実は、英国社の3教科で受験できる国公立大学は意外に多い。

私は知り合いの大学生でも首都大学東京の都市教養法学を卒業したが、センター試験は3教科、前期試験は2教科だった。

「エセ国公立」

と友人には揶揄されていたが、別にそれでもいいじゃないか。国公立を通ったのだから、親孝行だし世間は大学名しか気にしないだろう。

 

以下に3教科で受験できる国公立大学をまとめておく。

 

3教科で受験可能な国公立【首都圏】

 

神奈川県立保健福祉大学

埼玉大学

静岡県立大学

首都大学東京

高崎経済大学

都留文科大学

山梨県立大学

横浜市立大学

詳しい学科については、パスナビで検索をしてくれ。

→ パスナビ

 

首都圏だけでも、これだけ3教科で受験可能な国公立の大学はある。

国公立志望者がMARCHに落ちてしまう理由を前回説明したが、まずは前期試験の3教科をメインにしっかりと勉強していく必要がある。

勉強を進めていく中で、『このままじゃ5教科に手は広げられそうにないな・・・』という場合は、3教科で受験できる国公立にロックオンして、MARCHも確実に合格できるように勉強をしていこう。