大学受験料の一覧と平均について。

  • LINEで送る

さて、コラムだ。

大学受験をする時に、考えなければならないのは、何といっても大学受験料だろう。

なけなしのお金で予備校に通わせたはいいものの、いざ!受験って時に「そんなに払えない・・・」

といったことがないように、計算しておかなければならない。

 

保護者の方だけでなく、子供自身も

「全部で○○校受けて、総額○○円かかるから」

としっかりと把握し、これだけのお金がかかるから、本気でやっているアピールをしっかりと親にしなければらなない。18歳や19歳で無償の愛を期待してはいけない。

親からであっても、恩を受けたら結果や行動で返さなければならないのだ。

 

大学受験料の一覧

 

ありがたいことに河合塾のK-netが2015年度大学受験受験料一覧を掲載してくれている。

こういった情報を活用しよう。

 

→ 大学受験料一覧

 

大学受験料は35,000円の大学が圧倒的に多い。

早稲田や中央、明治などのいわゆる難関校も35,000円だ。

 

これが、医学部になると少しあがる。約60,000円が相場なようで、医学部でなくても珍しい学部などになると70,000程度の受験料がかかる大学もあるようだ。

大学受験料の平均

次に平均だ。35,000円というのは1学部あたりの金額なので、

1つの大学でも2~3受けることもあるだろうし、センター試験に自信のある人であれば、センター利用で大学入試の出願をすることもあるだろう。

 

Allaboutのコラムでは、大学受験の受験料平均は、

23万9,400とのことだ。

→ Allabout

1校あたりの金額が35,000円であれば、5校受験するだけでも17万5,000円になるし

遠方から受験をする場合は、交通費や宿泊費なども必要になってくる。女の子であれば、心配でお母さんも一緒に泊まることになるだろうから、2人分の宿泊費も必要になるかもしれない。

 

私の大学時代の友人も大学受験の時に、

早稲田すぐ近くにある、「リーガロイヤルホテル」に宿泊していた。リーガロイヤルと言えば、なかなか高級なホテルなので、そこに1週間泊まるだけでも結構な金額になるだろう。

 

 

まとめ

大学受験の受験料はなかなか馬鹿にならない。

ご家庭の状況に合わせて、準備が必要だ。

 

 

 

この記事が気に入ったらしてね

オススメ勉強コンテンツ

大学受験の勉強において、「説明してもらう」という機会は非常に重要です。

・月額たったの980円
・映像なので、音情報で理解できる
・寝る前にすぐに動画を視聴できる

大学に合格したいのであれば、必要経費だ。新しい勉強方法を確立しよう!

スタディサプリの詳細はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*